2019年10月05日

前後輪同時にパンクです

昨晩、後輪がパンクしてしまったママチャリ1号(灰)ですが、自転車屋さんに行こうとしたら前輪もぺったんこなんです。
まさかの前後輪同時パンクとは!

てくてく押していき直してもらいます。もしかしたらチューブとかタイヤ交換かなと思っていました。

こんにちは〜、パンクしちゃったので修理お願いしますー。

空気は入れましたか?
この質問はたぶん、今日入れたかどうかという意味だろうとは思うのですが、聞かれた瞬間には分からなくて、おととい入れましたと、とんちんかんなことを答えてしまいました。

まずは前輪から。
ハブ両側のネジを緩め、ワッシャーとかも取り外していきます。中間には泥除けとかカゴを支えるステーもあるので、それも取り外します。これでやっと前輪をフロントフォークから外すことができます。

うーん。難しくはないんだろうけれど、やっぱり厄介ですよね。自分でやるよりもプロに任せた方が安心です。ワッシャー以外のネジも2つか3つあったし、順番とか分からなくなりそうです。

ホイールからチューブを抜き出し、軽く空気を入れて水の中へ。どうやらパンク(穴が開いた)では無いようです。取り外すときと逆の手順で、あっという間に元通りに。


次は後輪です。

こちらは、いきなりホイールを外さずに、チューブだけを抜きます。もちろんフレーム(チェーンステー)とホイールの間にチューブがあるので交換しようとしたら、これではダメです。ただこの状態でも、チューブに軽く空気を入れて、水の中に沈めて穴をチェックすることは可能。大変そうですけどね。

その結果、どうやらこちらもパンクでは無いようです。

虫ゴムを取り付ける前に、バルブの中を細い針のようなものでつついていました。なんだろう。そしたら、なにか飛び出した。これは古い虫ゴムが切れて、バルブ内にくっついていたものだったようです。

そんなこんなで、前後とも普通のパンクじゃなくって、ただ単に虫ゴムの劣化が原因だったとのこと。たまたま私が一昨日空気を入れたので、その空気圧に耐え切れずに、前後とも抜けてしまったということのようです。


これらの作業、15分くらいで終わっちゃったんです。ものすごく早い。ロードバイクのチューブ交換ならこのくらいの時間で出来るけど、ママチャリはムリ!私がやったら1時間かかりそう。

これだけの作業をしてもらって、虫ゴムも新品になって、たったの1200円(税込み)でした。
安いよね〜。
やっぱりママチャリはプロにお願いするのが一番。

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 にほんブログ村
 

 
posted by すた at 19:18 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。