2019年09月21日

HELLOW WORLD

野崎まど。最初に出会ったのが[映]アムリタという本だった。ヤバかった、本当にヤバかった。自分ではないどこかに連れて行かれそうになった。




そのあと読んだknowも面白かった。



あれ?そこから今日まで、なにも読まなかったんだっけ?
私の性格的には、ここまで気に入ると、新刊が出れば確実に買うはずなんだけどなあ。

そうそう、正解するカドはアニメになったよね。あれはAT-Xでも放映されたし、たっぷり楽しめたっけ。

さてHELLO WORLDなわけですが、劇場公開ですと!?
なんか、すげー。



なんというか、とても洗練されてる。
だけど相変わらずの不思議ワールド炸裂。
もちろん宮崎駿とも異なるし、新海誠とも違う。野崎まど独自の世界だよなぁ。

でもって、UNIXの初期のころ・・・・4.2bsdとか分かるかな。バークレー校バージョンのやつ。その頃のC言語とか知っている人ならきっと分かるはず。あのHELLO WORLDの世界。
もっともandroidの開発解説書とかにも出てくるんだけどね。それだけインパクトあったんだね、HELLO WORLDって。

最後の最後に、この本のタイトルの意味が、ズシリと落ちてきた。

 
 ↑ ポチっと応援よろしくお願いいたします
 
 
posted by すた at 19:50 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。