2019年06月05日

脱初心者とはなんだろう

ツイッターで「脱初心者の定義は?」とかいう投稿があって読んだんだけど、結局答えはないみたいな結論だった。

いや、そんなことないでしょ。
でもその前に。初心者/初級者。この違いはなんだろう?うーん、うーん。
正しいかどうかは分かりませんが自転車を購入して乗り始めたばかりの人が初心者。
その後何度か練習して、以下に書いたようなことが可能になったら初級者なのかな?

クロスバイクとかロードバイクで30km走る(片道15kmを往復する)のは、走るだけならほとんどの人が簡単にできちゃうと思うんです。自転車を買ったその日であっても、たいてい大丈夫。
まずは、ここが大前提ね。


次なる区切りは50kmかな。
何度か走りきったら、もう初心者卒業?
いやいや、まだです。

ここから先は、たった一人で走っていると難しい。難しいけれど、向上心を持って、ネットや書籍などで勉強を重ねれば、一人でも大丈夫だと思います。
それはなにか?どのように走るか?という部分です。
できたら誰かと一緒に走って、教えてもらうのが簡単なんだけどね。


自転車を買ってからここまでは、ただただ走っていただけということも少なくないかと思います。
この先は、こんなことができるようになると良いと思うのです。

(1)ふらふらせず、まっすぐ走れるようにする。安全な場所限定ですが白線の上をずっと走れるとかね。
(2)自分の限界にチャレンジとかじゃなくって、科学的に理にかなった形での正しい運動になるようにする。
(3)その運動強度で20kmとか30kmを走りきれるか?大丈夫なら同じ強度で50kmはどうか。途中の休憩はOK。
(4)つらければ運動強度を下げて、一定のペース(強度)で最初から最後まで走れるようにする。瞬間的にガーっと高速で走り、あとはダラダラというのはダメです。逆に「ガー」「ダラダラ」をあえて複数回繰り返すインターバルトレーニングは、それはそれで意味あるけどね。
(5)そこまで出来たら、100kmも同じように走れるように繰り返す。走り終わって疲れ切ってしまってはダメ。
(6)交通ルールはきっちり遵守する。
(7)遊歩道などでは歩行者優先。危険なら回避する前に停止することを考えよう。
(8)声を出す。他の自転車や歩行者を抜くときや、誰かと一緒ならそのメンバーに向けて。「横を通ります」「止まるよー」「ゆっくり」「この先で左(左折)〜」など。グループライドでのスキルは、一人じゃ練習しにくいけどね。
(9)タイヤの空気は乗る前にきちんと入れる・清掃・注油・ネジの増し締め。これらは当たり前。ワイヤーなどの緩みの微調整も出来るようにね。そして何といってもパンク時のチューブ交換は出来るようにならないと。


こういうのが出来るようになったら、初心者から初級者にステップアップしたって事じゃないかなと思うんです。
ビンディングペダルじゃなくっても何の問題もありません。輪行だって未体験でOKです。
それよりも乗る頻度と総距離かな。

月に2回しか乗らないまま1年2年と過ぎ、3年目だからそろそろ初級者?
それ違うと思います。

1回あたりの距離は千差万別でしょうから40kmでも100kmでも150kmでも14km(笑)でも良いんですが、一か月の合計として少なくとも500kmは走っておかないと、いつまでも上達しないかなという気はします。できれば月1,000km目指して〜。

それでですね・・・・・
自転車を買ってから5千Km。いややっぱり1万Km。
このくらいの距離を走ってはじめて分かってくることが、たくさんあります。
いままで出来なかったことが、やっと出来るようになったりもします。

このくらいまで来れば、初心者を卒業して、ようやく初級者と言って良いのかなと思うんです。


先は長いね(笑)
中級者になるには、ペダリングが上手にならないといけないような気がします。
そして自分のフォームを確立できていて、そのフォームに合わせて自転車のポジションを出せる(もしくは自転車屋さんにきちんと依頼できる)ようになり、自転車に乗っているのが当たり前みたいな意識になったら中級者なんでしょうかねえ?
私も正確なことは分かりません。


上級者ってのは、楽しく運動という域を超えて、レース・コンペティションで勝つことを目指して練習を重ねている人や、日本一周するだとかブルベで時間内にゴールできる人のことを言うのかな。
(あっさり書いてしまっているけど、分かる人はきっと分かるはず。これらのことを実現させるのは、とんでもなく大変だし中身も非常に濃いんだよね)

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 にほんブログ村
 

 
posted by すた at 22:26 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。