2019年01月28日

自転車のメンテナンス

自転車のメンテナンスについて考えてみた。

【動く部分】
(1)シフトワイヤ、ブレーキワイヤ
これらは、アウターケーブルとインナーケーブルの2つから構成されているけれど、100%完全に密閉されているわけではなく、インナーだけがむき出しになっている場所もあります。
ずっと前は、このインナーにグリスを塗る必要とかもあったりしましたが、最近のワイヤーは様々な素材・コーティングが施されているので、それに合わせた対応が必要だったり、そもそも何もしなくても良かったりしますよね。
なにも全部の種類を覚える必要なんてなくて、自転車屋さんで自分の自転車ではどうすれば良いのか?だけ聞いておけばOK。

(2)シフト、ブレーキの微調整ネジ
ワイヤーは自然と伸びたりしますので、微調整が必要になります。
またブレーキワイヤに関しては、ブレーキシューが摩耗することによってワイヤが伸びたのと似たような状況になってしまうので、こちらもまた微調整が必要ですよね。
ネジを1/8回転とか1/4回転回して、実際に動かしてみて確認。もうちょいだなと思ったら1/8か1/4回転。
どこかで行きすぎだなと感じたら戻せば良い。

(3)前後ディレイラーとチェーン、チェーンリングなど
前後のディレイラーをじっくり見れば、変速操作に応じて、ここが動くよな。ここを支点としているよなというのが分かるはず。その支点になる何箇所かに注油してあげると、動作が軽くなります。つまり小さな力加減で変速がうまく行くようになるという事です。どのようなオイルを使うのが良いか分からなかったら、自転車屋さんで相談しましょう。

それとは別にチェーンそのもの、そしてチェーンとディレイラーとが接する部分。これらは汚れやすいので、まずはウェス(ぼろ布)でごしごし拭き取ります。後のスプロケット(10個前後ある歯車)だけでなくプーリー(後ろのディレイラーにくっついている2つの歯車)や、チェーンリング(前の歯車)は特にきれいにしておきます。
それが終わったらチェーンそのものも、ごしごし拭き取ります。

この作業ではウェスは真っ黒になりますから、ケチケチせずちょいちょい新しいものに交換しましょう。

汚れ具合次第ですが、ウェス拭き取りだけでOKの時もあれば、このあとパーツクリーナーなどを利用して、さらにきれいにしていくかという二択となります。
雨の中を走行したとか、水たまりを何度も通過したとかだと汚れはひどくなりますし、乾燥路だけの走行であってもウェス拭き取り(自転車のメンテ)の2〜4回に1回くらいはパーツクリーナーを使うほうが、良いのではないかと感じています。
パーツクリーナーを使ったら、しっかり揮発させた後にチェーンに注油します。どのオイルが良いのか、これまた千差万別なので、自転車屋さんで相談したり、あちこちのブログを読んでみたりするのが良いと思います。

(4)前後ブレーキ
前後のブレーキも、ディレイラー同様に支点になる部分が何か所かあります。同様に注油します。
ひとつだけ重要な話として、ブレーキシューとか、ホイールのリム(ブレーキシューが当たる部分)には、オイルを付けちゃダメです。そこは十分、注意する必要があります。
ディスクブレーキの人も同様に、ディスクにオイルが付着しないように注意する必要があります。

(5)STIレバー
ロードバイクだと、一つのSTIレバーで変速操作とブレーキ操作を兼用しています。
クロスバイクとかだとブレーキレバーと変速レバーに分かれていることが多いですよね。
これもまた可動部分ですので、支点となる箇所に注油してあげると動きがとっても軽くなります。ただカバーの奥のほうだったりしますし、どのようなオイルを選ぶのか、これまた悩み多しです。

(6)BB(ボトムブラケット)、ホイールのハブ
自転車に乗ってペダルを回しますよね。その左右のペダル、そしてクランク。これらの中心にあるのがBB。といってもフレームの中に埋まっていますので、外からは見えません。
同様にホイールの中心部分にあるのがハブ。
これらはずっとずっと回転し続けるわけですから、それなりのメンテナンスはどうしても必要になります。
私は自分で作業せず、自転車屋さんにお願いしています(当然、有料です)

【動かない部分】
稼働しない部分に関しては、私の場合は水洗い、ワックス掛けくらいかな。
水を拭き取る際に小さな傷とか発見しますが、特別タッチアップしたりもせず、そのままです。
まあなんというか、致命的なヒビ、割れ、凹みなどがないかをチェックする安全確認が目的です。

あとは、なにかあったっけ?
また思い出したら、追記しますね。

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 にほんブログ村
 

 
 

posted by すた at 20:16 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。