2018年10月15日

サイコン

もう何年も、サイコンを探し求めているんです。

私が欲しいのは
(1)パソコンで自分でルートラボを使って、ルートを作成
(2)それをGPX形式でダウンロード
(3)次にサイコンに、そのGPXファイルを読み込ませる
(4)サイコンの画面に地図を表示させ、ルートも表示させる
(5)当然ながら、現在位置も表示

で・・・肝心なのは、別にサイコンに「ナビゲーション機能」とか無くって良いのです。当初予定していたルートから外れているかどうかなんて、現在位置を見れば分かります。
そして予定ルートに復帰するのに、どの道を進もうかは地図を見ながら自分で考えます。だってUターンするのが良いのか、それとも少し先の道を曲がれば良いのか、選択肢なんて基本的に2つだけじゃないですか。

ここで勝手に別ルートを表示(リルート)されると、逆に困るんです。いいんです。元々のルートだけで。

こういうことができて、バッテリーの持ちがとにかく長いもの。そういうサイコンを待っているのですが、なかなかどうして出てきません。

いつかは出るのかな?

実を言えば、いま持っているガーミン・オレゴンで、上記のことは、ほぼ達成できます。しかも単三電池×2本使用で、バッテリーが無くなったら、電池を交換しちゃえば済みます。
だけど、ずっと地図画面を表示させ続けていると、あっという間に電池が消耗するような気がするんです。現在はリュックの中に入れっぱなしで、ほとんど画面を見ることがないという訳の分からない使い方をしちゃっているので、画面をずっと表示させていると何時間持つのかは不明です。

いやそれでも、単三型の電池(ニッケル水素の充電式)は、たくさん持っているので、そこは良いのです。なにが問題かと言えば、その交換用電池を何本も持ち運ぶのは重いだろうなぁという、しょうもない話です。

RAMマウントでも買って、ハンドルに取り付けてみるかなぁ。

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 にほんブログ村
 

 
posted by すた at 23:40 | Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2018年10月17日 11:14 〜〜〜〜〜〜
eTrexとOregonを比較してみたのですが、
けっこう似ているんですね。

違いとしては

eTrex
 重さ 148g
 バッテリーの持ち 25時間(ニッケル水素かな?)
Oregon
 重さ 209g
 バッテリーの持ち 16時間(アルカリ)

バッテリーの持ちに関しては後者がアルカリ電池なので、ニッケル水素の容量のデカイのを使えば、似たようなモノなのかも知れないですね。

過去に使用したときは、出発〜帰宅で12時間超えても、ギリギリ持ちました。ただ本文に書いたように、電源こそONのままでしたが、ときどき取り出して見るくらいで、たいていはリュックに入れたまま。
15秒だったか30秒で画面OFFに設定したので、ハンドルに取り付けてずっと表示させたままだと、違ってくるのかなぁ?
あぁそうか。実際に自転車で走らずとも、家で電源ONにして、画面もONのままの設定に変更して朝から晩まで放置しておけば良いんですね。試してみよう。


重さが違うかぁ〜。まぁ60gの差は大したことは無いけれど、ハンドルの取り付けることを考えたときに、違ってくるのかな。
いやいや、現状「単三×4本」のライトを2つ取り付けているので、もはや気にしても仕方がなさそう。

RAMマウント、どれをどう組み合わせて買えば良いのかが、いまいち理解していないのです。本体のホルダーは分かりましたが、それをどのパーツと組み合わせれば、ハンドルにくっつくのかなぁ。種類豊富で悩み中。

せっかくあるんだし、しばらくOregon使ってみようかな。
たまーに、忘れなかったときには、これで走行ログを取ったりしているのですが、どうにもこうにも持って行くのを忘れてしまうんです。ハンドルに取り付ければ、そうならないと期待。


〜〜〜〜〜〜 Posted by ぐり at 2018年10月17日 08:24 〜〜〜〜〜〜
eTrex30x使っています。
バックライト使っても10時間くらいもちますよ(^^)

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。