2018年09月23日

私をVIAに連れていって

今日は、とっても新しい企画に参加してきました。

戸田橋の近くにあるジンジャーファクトリーの店長さんが、いままで7回チャレンジしたものの、荒川添いの道が分からなくて、どうしてもVIAに行くことができなかったんです。
そこで新企画「私をVIAに連れていって」が登場。

いやぁこれは新しい発想です。ライド企画の主催者が、目的地の場所を知らないわけです。
そして前提条件として「自転車の初心者である」というものがあります。だから、ただただ到着すれば良いという意味ではなくて、様々な状況に応じて面倒をみて欲しい。みてくれる参加者を募集という趣旨なわけです。

この発想はすごいです。
新しいよね〜。なんとも新鮮。

荒川を北上していて岩淵水門に差し掛かったところで、なんとなんと、みゆきさんに捕獲されちゃいました。すっごい偶然。



そして出発地点(集合場所)で、いきなりのパンク修理です(^^;
しかも参加者ではなくって、店長さんの自転車です。

いやぁ〜、こういうこと、あるんですねぇ。
ささっと修理して、予定時刻に出発。



ですが笹目橋の下をくぐった辺りでタイヤぺしゃんこ。出発前に交換したチューブがパンクしてしまったのでした。
再び修理してさぁ出発というところで、チェーン落ち。あらまあリアのスプロケットの「内側」に落ちちゃっています。

大丈夫です。
「VIAに連れていって」企画なのですから、何があっても、しっかりサポートして、最後まで連れて行きますよ〜。今回の参加者全員、こういう気持ちでした。

彩湖を抜けて、彼岸花ロード。



あとはまぁ知っている人は知っている、竹林の中を通り、田んぼの中の直角カーブを通って、時速20km以下で走行。無事にカフェVIAに到着したのでした。
あっちこっちに知らなければ「ここ?」と思うようなポイントがあるのですが、その辺りを覚えていただけたようで、なによりでした。

それにしても自転車ぎっしり。すごい混雑。



でも、すぐに座ることができましたし、みんなでランチ。



さぁ帰りましょう。

順調に進んでいくも、参加者のお一人がパンク。
予備チューブがなく、私が一本取り出したのですが、空気が入りません。バルブの根元から抜けている????

〜〜〜〜〜
帰宅してきちんと調べたらバルブの根元ではなく、別の場所に穴が開いていました。パッチを貼って、そのまましまい込むのではなく、前輪のチューブと交換しました。前輪のチューブはパンクしていないのですが、たまにはチューブ交換しておかないと、今回みたいに予備チューブがダメという事態もあるので、その対策としてです。

実際に使用してみれば、貼ったパッチが大丈夫かどうか、分かりやすいですからね。
〜〜〜〜〜

それでですね、新品チューブが無いので、パンクしたチューブをそのまま使用することに。スローパンクなので、減ったら空気を入れるの繰り返しです。彩湖まで戻ってきてバイクプラスへ。ここでチューブを購入し、さっと交換。ここまで10回くらいは一時停止して空気を入れてきたのでした。

こういうこと、あるんですねぇ。
ジンジャーファクトリーに戻って休憩。ジンジャーエールです。



帰り道、キバナコスモスがきれい。



コスモスも咲き誇っています。



荒川ロックゲートに彼岸花がありました。



新砂リバーステーション。ここまでずっと南風 = 向かい風でした。



今日はまったり100kmだったはずなんですが、最後の向かい風で疲れました。




 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 にほんブログ村
 

 

posted by すた at 20:16 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。