2018年09月08日

初めてのパンク修理

クロスバイクが来たとき、当然ながらパンク修理を覚えないとなぁ・・・と考えていました。
果たしてちゃんと出来るんだろうか?

というよりも、出来なかった(元に戻らなくなった)ときに、どうすれば良いのやらというのが、最初の難関でした。もしもそうなってしまったならば、どうにもならないわけですし、自転車屋さんに持って行くしかありませんよね。


自転車屋さんに持って行くことを考えると、後輪じゃなくて前輪のほうが軽いよね。
そんなことから、前輪でチャレンジしてみることにしたわけです。


プシュー(・A・)  ←バルブを開けて、空気を全部抜く音。どきどき。
いよいよ前輪を、自転車のフレームから取り外します。

ホイールの真ん中にあるクイックリリースを、ぐぃっと緩めるんだけど、それだけだと抜けない。
【大切1】最初にブレーキを緩める必要がある。
【大切2】続いてクイックリリースの反対側のネジを10回くらい回して緩める必要がある。これは前輪の場合だけ。後輪はこの作業は不要ね。

フレーム(というかハンドル辺り)を持ち上げると、前輪がストンと下に落ちます。

おおお〜〜〜。
取れたよ!

なんかもう一仕事、終わった気分です。
いやいや(笑)

さて、タイヤのサイドを指で押すと、内側にペコンって凹みます。ふむふむ。一周分みんな凹ませておきます。片側だけじゃなくって両側とも凹ませておくと、色々と楽。

いまならまだ、空気を入れ直すだけでOKです。簡単に元通りになります。
どーしよう。先に進むか、引き返すか。なんてことをウダウダやっておりました。

ここで、おもむろにタイヤレバーの登場です。
タイヤレバーって、どっちが上とかいう決まりはなくって、こっち側を上にしたらタイヤを外すときに使える。反対側を上にしたらタイヤを取りつけるときに使える。そういう風になっています。

タイヤに挿し込む部分が、上に向いて尖っているというか、出っ張っているというか、そうなる向きにするのが、取り外すときに使う向きとなります。

タイヤの下側に、ぐさっと挿し込んで、くぃっとひねると、タイヤが浮き上がってくるのです。ただしタイヤレバー1本だけだと、タイヤを取り外すのは難しく、2本・3本と連続して挿し込んでいくのです。3本目をくぃっとすると、真ん中の2本目は、するりと抜け落ちちゃうと思います。それで正常。

抜けたのを再利用して、4本目に相当する位置、また抜けたら5本目に相当する位置に挿し込んでくぃっと。
このくらいまで来れば、あとはもう手でタイヤを外すことが出来るようになります。

一周分ぜんぶタイヤを外します。あ・・・・片側だけで大丈夫。タイヤの反対側は外しません。走行時の状態(向き)で表現すると、ホイールにくっついているタイヤの、左右どちらかだけを外すという話です。

ここまで来たら、あとはチューブを引き抜くだけ。
空気を入れるバルブと正反対の場所から、チューブを抜きます。あとは均等に抜いていって、バルブの場所が最後に残ります。バルブ付近は切れやすいので、丁寧にバルブを抜き取ります。この時、タイヤを指でぐぐっと押して(タイヤは強いので、思いっきり歪ませても問題ナシ)空間を大きく作ることが大切。


チューブが抜けたので、どこに穴があるのか探さないと。

あ・・・・思い出した
私の初めてのチューブ交換って、自宅での【練習】じゃなかった!

夜には大丈夫だったのに、翌朝起きたら後輪がぺしゃんこになっていたんだった。そう、いきなりのパンク。
最初の「練習」には前輪だよなとか「考えていた」のに、後輪がパンクしちゃったんだった。


取り出したチューブに軽く空気を入れてみるも、どこがパンクしているのか、さっぱり分かりませんでした。いまだと、すぐ見つけられるんですが、なにしろ初めて。まったく分かりません。

そこで、チューブをお風呂に持って行って、中に沈めたんです。
小さな小さな気泡が・・・・。
ここかぁ〜〜〜!

あっ。外に出したら、また分からなくなっちゃった。
もう一回沈めて再確認(^^;
外に出すときに、場所を忘れないように、指でぎゅっと押さえておきました。

昔ながらの糊?を使う修理キットは買わなかったんです。イージーパッチとかいう簡易版。
まず最初に穴が開いている場所付近を、紙やすりでゴシゴシ、ゴシゴシ、ゴシゴシ。でもってパッチをそこに貼るだけ。

これで良いのだろうか????
とりあえず軽く空気を入れて(紙やすりとかやっている間に、また抜けちゃったからね)、再びお風呂へ持って行ったんです。沈めてみる。

・・・・・

・・・・・

おお。
気泡、出てこない。
成功〜〜〜。

(-_-)

そうだ。まだ終わりじゃなかった。

バルブをプシューってして空気を抜きます。
再びタイヤを指でぐぐっと押して、大きなすき間を作り上げてから、バルブを挿し込みます。バルブ近くのチューブも、さささっと、タイヤの中に押し込みます。あとはゆっくりでも大丈夫。一周分のチューブをなんとなくタイヤとリムの中に入るように、押し込んでいきます。多少、はみ出てもOK。


さてさて、ここからが大仕事。
まずはバルブ付近のタイヤを押し込んで、リムの内側に。
いやなに、力は要りません。きっとすんなり入るはず。この時チューブが外に、はみ出ないようにだけ注意します。
順番にタイヤを押し込んでいきます。タイヤのみ押すと、どうしてもチューブが外に出てしまいがちなので、指の先でチューブを奥に押し込みつつ、反対の手でタイヤをククッと押すような感じ。

バルブ付近からスタートして、左右均等に順番に。
これだと、バルブと正反対の場所が最後になりますよね。

でもバルブの正反対の場所(バルブと180度の位置)って、実はかなり、はめにくいんです。今まで何度もチューブ交換(タイヤ交換含む)してきたのですが、バルブと90度または120度の位置くらいを最後にすると、まぁまぁ楽です。

なぁんて書いていますが、初めてのときは、こんな簡単には行きませんでした。順番にタイヤをはめていくと、次の部分に進もうとしたときに、他の部分がぺろりんって外れちゃったりするんです。あっちやって、こっちやって、またあっちやって、あれれってなって・・・行ったり来たりの繰り返しでした。

さて最後の山場です。
タイヤを外すときに、タイヤレバー5本目くらいまで、外すようなことを書きましたが、はめようとすると今度は、その5本分に相当するくらいを残して、一気に固くなります。ちっとも入りません。
ここで再びタイヤレバーの登場です。

タイヤレバーの上下というか裏表というか、さっきとは逆にして一本だけで頑張らないで、2本同時&じわじわと力を加えつつ、ここぞという場所でぐっと力を加える。
ひとまず一本分だけでも入ったなら、すかさず3本目のタイヤレバーを次の場所に挿し込んで、またまた、じわじわ、一気にの繰り返しです。

なんですが、このとき同時進行で、チューブをとにかく奥へ奥へと押し込んでおきます。

最後の場所はかなり力を加えることになります。タイヤ?それともホイール?いやいやタイヤレバー?何かが壊れるんじゃないの?と思うんですが、大丈夫、壊れません。(経年劣化で脆くなっているタイヤレバーだとか、ヒビ割れしているタイヤだとか、そういうのは、また別の要因で壊れることもあるかも知れません。そこは除外ね)

最後は頑張って、ぐぃっとタイヤレバーを動かすしかないのです。

※いろいろな意味で慣れてくると、タイヤレバーを使わなくても、外したり、取り付けたりできるようになるんですが、それはまた別に。


タイヤぜんぶ、入った〜〜。


【とにかく大切】
ここで、少しだけ空気を入れます。
で、タイヤの両サイドを、もみもみします。
目的は、チューブがきちんと中に納まり、なおかつタイヤがホイールのセンターに来るようにです。

このままだと確認できないので、再び空気を抜きます。
そして、一番最初を思い出してください。

通常の状態(パンクしていなくて、空気がたくさん入っている状態)から空気を抜きました。このとき、タイヤの横とホイールは「くっついて」いたので、指で押して、タイヤとホールの間に、すき間を作りました。
これと同じ【動作】で、そのすき間をじっくり観察します。

正常ならば、すき間には何もありません。万が一にも、チューブが見えていたらアウトです。
現在の空気を入れていない状態か、改めて少しだけ空気を入れてみるか、どちらでも良いのですが、とにかくさっきの「もみもみ」をして、チューブがタイヤの中に入るようにします。

また空気を抜いて一周分すべてチェックします。
正常っぽく見えたなら、また少しだけ空気を入れます。
いままで何度も出てきましたが、少しだけって、どのくらい?そうですねぇ、1〜1.5barくらいかな。
もみもみしながら、すき間にチューブが無いか最終確認。そうそう!ホイールの裏側というか、走行時の状態で言うならば左右両側ということですが、すき間にチューブがないかどうか、両側とも確認しておきます。

これで大丈夫だったら、あとはいつも通りの空気圧になるように、いっぱい入れてOKです。

すき間チェックを怠って、タイヤとリムの間にチューブが出っ張っている状態で空気を入れていくと・・・噛みこみパンクというのに、なっちゃうんです。一気に爆発ですよ。

空気を入れ終わったら、ホイールを自転車に(フレームに)取り付けます。
カチャンとはめて、ネジをくるくる。クイックレバーを締めて、ゆるゆるならば、ネジを少しくるくる。またクイックレバーを締めて・・・の繰り返しとなります。
そしてブレーキが緩んだままなので、ここもきちんとセット。
手でホイールを回してみて、どこか当たるところは無いかチェック。なんとなくおかしかったら、一度クイックリリースを緩め、もう一度締め直す。

これでお終い。
(後輪の取り外し・取り付けは、また今度ね)


今まで何回パンクしたんだろう。100回?150回?いやもっと多いはず。購入したチューブ50本くらい?いやいや、そんなに少なくない。100本以上は買っった記憶があります。そしてパンクしたチューブもすぐに廃棄せず、3か所・4か所パッチして使っているし。
さすがに、これだけの回数をこなすと、上達(笑)します。
外でパンクしたとしても、道具の準備からチューブ交換またはパッチを貼ってのパンク修理、そして道具の片づけで、30分もあれば終わるようになったのでした。


 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 にほんブログ村
 

 
posted by すた at 20:18 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。