2018年06月08日

自転車のスタンド

クロスバイクやロードバイクに、スタンドはありません。別売りで後から取り付けることは可能ですが、幾つかの理由からスポーツ自転車にはスタンドを付けないことが多いようです。

重くなる。少しでも軽い自転車に仕上げたいのに、わざわざ重くする必要はありません。
スタンドを取り付ける部分の強度的に、普通は大丈夫とは言え、何らかの衝撃が加わった場合に、ダメージを受けやすくなる。フレームにヒビとか入ってしまったら、泣くに泣けませんよね。
怪我の危険。万が一の落車で、スタンドの出っ張りによって大怪我をしてしまうかも知れません。そのようなリスクは少しでも減らしておきたいところです。

走行途中で自転車から降りる場合は、どこかに立てかけるしかありません。逆に言えば、このように立てかければ良いわけです。

ところが、ひとつ困る場面があります。自転車のメンテナンスをするときなんです。タイヤが床に設置していると、注油するにしても、ちょっと不便なんです。
そこで、こんなメンテナンススタンドを利用することになります。



後輪側のクイックリリースの両端を挟み込んで、持ち上げる仕組み。とっても単純です。





これは数百円で買えるし、一つ持っていると便利です。

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 
 にほんブログ村
 
 
posted by すた at 20:42 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。