2018年04月13日

有名な尾根幹

ロードバイクに乗っている人が、よく尾根幹、尾根幹と言いますが、過去に何度か行った経験からすると、ちっとも走りやすくなかったです。
一番困るのは、交差点ごとに路側帯が無くなってしまう点と、交通量が多い点です。特に、路側帯が無くなるシーンにおいて、車は車線いっぱい・いっぱいなので、自転車の居場所がありません。

尾根幹


実は「尾根幹だけ」走ってお終いというのは、とってももったいないと思います。
尾根幹の両側には、たくさんの道があり、それらは交通量も少なく、時には激坂も待ち構えていたりします。たいていのローディはそういう場所に「行くため」の単なる移動ルートとして使っているので、尾根幹そのものを目的にしちゃうと、がっかりすると思います。

方角として相模のほうに行くのであれば、多摩ニュータウン通りのほうが、ずっと走りやすいと思います。

多摩ニュータウン通り


次点としては津久井道かな。でも、このルートラボの通りだと、かなり走りにくいので、ちょっと裏道を使ったほうが安全ではあります。




3つのルートラボを個別に書いてみたわけですが、別々に見ていると、あっちとこっちは、どう違うのか?それぞれの位置関係はどうなっているのか、どのくらい離れているのかが、分かりにくいですよね。
というわけで、全部をつなげてみたのが、こちら。さすがに、こんな風には走らないとは思いますが、位置関係は分かりやすいのではないでしょうか。



一番最初が【多摩ニュータウン通り】です。

町田街道を少しだけ南下して【尾根幹】に入ってみましょう。町田街道と尾根幹との交差点には注意が必要です。道路標識に沿って車と同じように走ってしまうとダメです。そこは自転車通行禁止です。次の信号まで進んで横の側道を使う必要があります。ルートラボを拡大して、じっくりと確認してみてください。
尾根幹も、このルートラボの進行方向の場合には、中間部分で車は通れず、遊歩道的になっている側道があるんです。これがあるので多少なりとも走りやすくはなりますが、逆の進行方向には、こうした側道は存在せず、だからと言って道路の反対側にわざわざ渡るのも、かなり面倒だったりします。

多摩川に出て南下したら、多摩水道橋の所から【津久井道】へと進みます。百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅に関しては、便利な裏道が存在せず、そのまま津久井道を走っていますが、その前後は裏道だらけのルートラボにしてあります。後半は鶴見川も使って、鶴川街道に出ています。

町田近くに出てお終いのつもりだったのですが、町田街道を少し北上して【鶴見川】の端っこ近くから、川沿いに戻ってくるルートを追加しておきました。つまり、さっき利用していた鶴見川沿いとこの最後の鶴見川とをつなげて走ったって良いという意味です。
※本当の鶴見川の端っこ=源流は、尾根幹のすぐ近くとなります。

まあ道は色々とありますし、交通量についても日によって大きく異なっていたりもします。色々な道を覚えて、実際に行ってみて「今日のここはダメだぁ」と感じたら、別のルートを選択するのが、いちばんかなって思っています。

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 
 にほんブログ村
 
 
posted by すた at 18:21 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。