2018年04月07日

葛西臨海公園

今日は、午前中はギリギリなんとか大丈夫ですが、午後からは爆風という予報。
ならば午前中だけ走りましょう。



昨晩の雨は、たいして降らなかったので、荒川土手からの染み出し、ありません。



八重桜、いいよね〜。



タンポポも、こんなふうに、ぎっしりと咲いているのって、なんか好きです。



虹の広場では、チューリップがきれいに咲いていました。



葛西臨海公園へ。
そうそう!荒川から葛西臨海公園へのルートですが、少し分かりにくいんですよね。
基本は荒川の右岸から向かうことになります。
左岸から行けないこともないんだけど、かなり面倒なルートを走らないといけませんので、右岸からのほうが楽です。

まず初めに、荒川右岸の「土手の上」ではなくて、河川敷を行けるところまで行くと、新砂リバーステーションがあります。ここで行き止まりです。



どうすれば良いかと言えば、少し上流(北側)に清砂大橋があります。
この清砂大橋の20mほど上流側に、小さなトイレがあります。
ルートラボのスタート地点は、このトイレ付近です。

【上流から下流に向かって走る】という方向で書きます。すぐ目の前に、清砂大橋。



南に向かって清砂大橋の下を通ります。
すると目の前に「分岐」が出現。
まっすぐ進んでしまうのは、河川敷をそのままで、さっき書いたように新砂リバーステーションに行っちゃいます。
右に分かれるほうは、土手の上へと向かう「登り坂」です。
ここを、登ります。



さて、土手の上に登りきったら、右へとぐるっと180度方向転換します。
このとき、土手の上に道があるのですが、そちらではありません。
土手の「外側」に出るための「下り坂」を進みます。
そして一般道に出たら、左折。すぐにもう一度、左折。
真正面に歩道が出てくるので、その歩道に入って、右折?まぁ右方向へ。



もうすでに、ややこしい?
もう少しだから、ついてきて〜。

歩道を少しだけ進むと、清砂大橋の上に登るためのスロープ入口が出てきます。歩道から見ると、右側となります。
そこを、ぐるぐる登っていきまして、清砂大橋を渡ります。

途中で「荒川の左岸」の上を通過しちゃいます。
上のほうで書いた、荒川左岸から葛西臨海公園に向かうのが、やっかいな理由が、これです。

荒川の隣りにあるのは、荒川じゃないんです。ここは【中川】です。
それで清砂大橋を「一番下」まで降りずに、中川の「左岸」になったら、右折します。
これはそんなに難しくありません。清砂大橋の上から離れることが可能なのは、ここ一か所だけなので、間違えることはないと思います。





あとはもう、そのまま進んでいけば、自然に葛西臨海公園の中に入ってしまいます。

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 
 にほんブログ村
 
 

posted by すた at 21:05 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。