2017年07月18日

ロードバイクに乗るなら

ロードバイクに乗りたーい。
いままでスポーツ自転車の経験はまったく無いけれど、ロードバイクで走ってみたい。

こうして新しくロードバイクを始められた方々と一緒に走る機会が、たまにあります。
私自身ロードバイク大好きですし、同じ趣味の方々、大歓迎です。

ただ、とっても大切な事を忘れている方も少なくないように感じます。たま〜に気になることがあります。

3万円くらいのカゴが付いている軽快車(まあママチャリのことです)、あるいは10万円近い電動アシスト自転車には乗っていたけれど、スポーツ自転車は初めて〜〜ってな場合、乗り始めてみると、すぃすぃ進む〜と感動しちゃうはず。
※別件ですが、1万円くらいのママチャリは本当に危険。いつフレームがバキっと折れてもおかしくない。そうなったら大怪我しちゃいますので、ママチャリは目安として3万円くらいのものを買って欲しいと思っています。

そうは言っても名前の通り「スポーツ」なのです。運動です。
他の運動でもそうですが、正しい運動の仕方・方法を知らないと、なかなか上達しないし、体の故障につながってしまうこともあったりします。
ジョギング・ランニングで膝を痛めたとか、テニスやゴルフで肘を痛めたとか、野球で肩を痛めたとか、ウェイトトレーニングで腰を痛めたとか、そういう事例っていっぱいありますよね。

初心者だからこそ、正しいやり方を身につけないと、危険が潜んでいると思うんです。
(もちろんプロの選手だって、故障はあります。もっとも彼らの場合には、正しいやり方は身についているものの、運動量そのものが私たちとは大きく異なっています。酷使しすぎの故障ですから、ちょっと意味合いが違うと思っています)

自転車も同じです。

どうやって学べばよいと思いますか?
本を読む? インターネットで調べる? テレビ番組などを見る?
一緒に走る人に教わる?
いやいや、自転車でしょ?自分で分かるよ(これが一番危ないんですけどね)

どれも正しいんだけど、もっともっと大切な方法があります。

自転車を購入したお店で、よく相談する・・・・です。
購入後に引っ越したなどの場合には、引っ越し先で相談に乗ってくれるお店を探すというのも大切です。

ロードバイクのことは、ロードバイクを売っているお店に相談するのが一番です。
だけど・・・・購入したっきりで、お店に滅多に顔を出さない、というような方にお会いする事も少なくありません。それは、ものすごく、もったいない事だと思うんです。なにせこちらは、初心者。さらには自転車のことなんて全部を知っているわけじゃない。

乗っていたら、こんな風に疲れるんだよねーとか、ここに痛みがとか、何とかならない?って聞いてみる価値はあると思うんです。
そりゃまぁもちろん、鍛え方が足りない、まだまだ慣れていないからだ、というケースもあるでしょう。けれど、そうではない場合だってあるんです。
ちゃんと相談すれば、ここをこうすると改善されるという答えが返ってくることだってあるのに、自転車屋さんに行かないだなんて、ものすごーーく損をしていると思います。

確かに、メンテナンスなどが好きで、自分で調整なども出来てしまう人も居ます。でも・・・、本当の意味で最良の状態にすることが出来るのか?そもそも普通は自転車安全整備士の資格を持っていないわけです。安全性についても心配な点は残ります。

ちょくちょく聞くのは、自分で調整を繰り返しても、なかなかうまく行かなかったのに、自転車屋さんでオーバーホールしてもらったら、別物に生まれ変わった〜という話。そりゃそうですよね。プロだもん。有料だもん。お金に見合った仕事を、きっちりと、こなしてくれる。
ここはケチっちゃいけないところだと、私は思います。

というわけで、自転車屋さんに行って、雑談してくるだけだって良いんです。
そしてたまに、自転車を点検・調整してもらう。(簡易な調整なら無料かも知れませんが、きちんと整備してもらうなら、ちゃんと支払いましょう。そのほうが結果的にお得ですから)

 
 ↑ ポチっと応援よろしくお願いいたします
 
 


posted by すた at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック