2016年07月19日

坂の達人になれるだろうか

このまえテレビで、自転車で坂を登るときには、こうすると良い・・・というのを放送していました。
(1)少しだけサドルの前に座る。重心位置を後ろにし過ぎないということですよね。違うのかな?
(2)最大心拍数に近づくような負荷をかけない。もちょっと速度を落として、気楽にペダルを回す。うんうん、これに関しては大垂水峠で、しっかり体験しました。
(3)引き足を意識しすぎない。膝から下を妙に前後移動させない。つまり、ペダル位置にきちんと合うような円運動を心がける。横から見たときに、横長の楕円運動になるような「力の入れ方」をしない。膝の角度を無理してつけてしまうのがダメなんですね。でもまぁ自分では、自分の脚の動きってば、真横から見ることはできないけど、練習方法としては片足ペダリングなんですね。今度また荒川でやってみようっと。

うまくできるかなぁ。

   
↑ こちらをポチっと押していただけますか
 
 
posted by すた at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック