2016年07月13日

ロードバイクとダイエット

ロードバイク、これはもちろん、道路を素早く駆け抜けるという大きな目的がある自転車ですよね。
ただ現実的には、クローズドされた状態のレースならまだしも、一般公道においては、何が何でも速く走るというのは無理です。きちんと交通ルールを守り、マナー良く走らないとね。

おっと。公道と書きましたが、多摩川、荒川、江戸川などのサイクリングロード?遊歩道ですよね。あぁいうところは、より一層の注意が必要ですよね。歩行者の横を暴走・爆走しちゃうなんて、もっての他だと思うのです。

レースには基本的に出ない私。
自転車に乗る楽しみは、やっぱりダイエットですもん。ただし、何が何でも体重△△kg以下にするぞ・・・とかいう話ではなく、いわゆる標準体重の維持ができれば、それで大満足です。食べたいものを食べたいだけ食べ、飲みたいものを飲みたいだけ飲んで・・・ということなんです。

好きなだけ飲み食いしても、太り過ぎない
ここですよ、私の目標は。

そんなわけで、とてつもなく高負荷で走り続けるるわけでもないし、どちらかと言えば、美味しい店を探しつつ、次々と新しい道を【覚える】のが楽しくって仕方がありません。速度はゆっくり目ですが、とにかくあちこち走りたい。だから走行距離は自然と伸びていくわけです。

いつも同じ道ばかりだと、いつも決まったお店しか出現しませんが、一本隣りの道を走るだけで「おお、こんな素晴らしい店が」という発見もあります。

まあこういう走り方ですと、いやはやこの道は、自転車で走るのは厳しいぞ、という事態になることもあります。でも、それで良いんです。この道はダメだというのをしっかりと覚えて、次回からは使わないようにする。そうそう、ダメだねって思ったら、できるだけ一本隣り、二本隣りの道も探索するようにしています。どうしても時間がない場合には、帰宅後に地図をじっくり研究して、次回に備えます。

だからまあ、私の走り方はポタなんです。

けど速度はマチマチです。時速15km程度の事もあれば、時速40kmを超える場合もあります。それぞれの道路事情に合わせてという感じです。とはいうものの、速度を出せば出すほど、その付近のお店は基本的に「通過」しちゃうことになるんですよね。だから、よく知っている道で、特別に立ち寄るところもない場合が多いのです。単に「移動するだけの区間」という感じかな。

高い負荷をかけるのではなく、低負荷だけど長い時間で消費カロリーを増やす。私のロードバイク(現在はクロスバイクなんですけどね)の乗り方はこんなイメージです。

ではありますが、たまーには速度を出してみようとか考えることもあるわけです。がらーんとした荒川とかでね。時間帯にもよりますが、平日だと10km近く走っても、誰にも会わないなんてケースもあったりします。でも、いきなり自分自身がパワーアップするわけではありません。私みたいに貧弱で、体が弱いと、最大パワーなんて、たかが知れています。パワーが足りないところはやっぱり機材に頼るしかないのです。
ここしばらくクロスバイクに乗っていて感じたのは、ひたすら重いということです。ロードバイクと似たような速度を出すことは可能です。でも超えることはないですね。
そして、似たような速度で走っていると、すごく疲れる。ん〜、もしかしたら、このほうが消費カロリーは高そうですね。いやいやそうじゃない。疲れてしまって、もっと遠くに・・・を実現できなくて、近いところで終了してしまえば、トータルでの消費カロリーは少なくなってしまいますもんね。

そんなわけで、今度の新しいロードバイクは、かなり楽しみなんです。
今までは6700系のアルテグラでしたが、今度は6800系。これって確か、ブレーキレバーが、さらにコンパクトになって握りやすくなっていたはず。ブレーキの安心感が高まると、気持ち的に速度を出しやすいんですよね。

   
↑ こちらをポチっと押していただけますか
 
 
posted by すた at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック