2015年12月10日

塩の街

有川 浩さんのデビュー作ですね。読んだのは今回が初めてなんですけど(^^;



空の中海の底へとつながっていく、最初の一冊なのか〜。

最初はもう、訳が分からなかったですよ。なんじゃ、この話は?と。
読み終わってみれば、いいね、いいねー。なかなか面白い展開にしてくれたなぁ、ですよ。
posted by すた at 17:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2015年12月16日 23:49 〜〜〜〜〜〜
Crambomさん、実はどういうストーリーだったか、忘れてしまいました。
大雑把なところは覚えているのですが、細かいところ、そして肝心の「最後にどうなるか」を。
(よくあるんです、こういうこと。だから、同じ本を何度も読んで、そのたびに感動しているんですけどね)

もう一度、読み直してきます(^^;


〜〜〜〜〜〜 Posted by Crambom at 2015年12月16日 10:02 〜〜〜〜〜〜
この3シリーズだと私は「海の底」が好きだな。
サガミレガリスが襲ってくるぞ(V)o¥o(V)

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック