2014年12月06日

ホイール乗り比べ

日本橋で待ち合わせ。今日の目的地は葛西臨海公園です。



最初に向かったのは荒川経由の堀切。ここから江戸川・水元公園を目指します。スカイツリー、適当に撮ったら、斜めになっちゃっいました。



普通なら水元公園から素直に南下して葛西臨海公園へと向かうわけですが、ちょっとだけ松戸に行きたいという希望があったので寄り道。この辺りは車で通ったことがあるものの、私にとってはほぼ未開の地。新しい道を走るのはなかなか楽しいものです。

でもねぇ、立ち寄りポイントは2か所あったんですが、一つ目はなんと【坂の上】じゃないですか。ガーン。ぐったり疲れました。



用事も済んだので葛西臨海公園を目指します。でもその前に、ランチ。めんや・ももで、坦々麺。





ラーメンだけだと足りないかな?と思って、パン屋さんに行く?って聞いたんだけど、あえなく却下されました(笑)そのまま進んで葛西臨海公園に到着〜。そうしたら、たくさんのサンタさんに遭遇。チャリティイベントであるサンタランが東京でも、開催されるようになったんですね。



ところで、西の空は、雲が一杯です。アメッシュを確認してみると「なんと、雨」じゃないですか。これは危険、急いで帰ろうという話になりました。マイルポストの所まで行って解散。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

早めに解散したので、ちょっと仕事に出かけて、その帰り道、自転車屋さんに立ち寄って、磁石を購入。



クリスマスツリーになったスカイツリー。朝とはガラッと雰囲気が変わりますね。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて本日の記事のタイトルである「ホイール乗り比べ」ですが、実は半分以上の距離、二人でホイールを交換していたんです。

◎ 私が所有の「フルクラム・レーシング5」
2014年モデルだと1645gですね。私のはよく分かりませんが、きっと似たような重さでしょう。
◎ 友達が所有の「シマノ・RS80C24」
こちらは1523gみたいですね。

これを取り換えっこしました。

うっ。漕ぎ出しの瞬間が重いです(^^ゞ
ただある程度の巡航には、中心部分よりもリム部分のほうに重量バランスされているのかな?それなりに速度維持するのは楽ですね。

いや、楽かどうかは、人によって、乗り方によって異なりますね。
えぇと、フルクラムだと「向かい風が今までよりも強くなったとき」とか「ちょっとした登り勾配に差し掛かったとき」などで、ギアを一つ軽くしてケイデンスを上げるところで、同一ギアのままでゆったり回していれば良い感じかな。もちろん風がさらに強くなったり斜度がキツければ、話は違いますが。

時速28kmくらいから時速40kmくらいに上げようとすると、それなりの重さを感じます。慣れちゃえば大して苦にはなりませんが、100Kmとか150Kmくらい走った際に、軽く回すのとどっちが疲れないか?は、判断に悩みます。

雰囲気としては、MAVICのアクシウムに近いものがありますね。でもアクシウムは、時速30Km以上で「勝手に回り続けてくれる」感じがあります。まったりペダルを回すRS80C24と比べると、むしろペダルを止めていても進んでくれる感じ。

ただし!アクシウムのほうがRS80C24よりもずっと重いので、漕ぎ出しとか、速度UPは、もっとツライです。

まぁ私の走り方としては
◎信号の多い都内(つまり発進時の漕ぎ出しを重視)
◎絶対的に速い速度を求めてはいない(レースじゃないから)
◎巡航速度を維持するのにギア2つ違うと大きな差になるけれど、1つの違いだと、どっちでも大丈夫
というところから、軽く回せるホイールのほうが合っているみたい。

そうそう!
カーボンホイールも実は持っているんです。これね

こっちのほうが、レーシング5よりも、軽いんです。さらにディープリムで巡航速度維持も楽。

でもね〜。フルクラムのラインナップは、
0(とってもとっても、お高い)
1(まぁ高い)
3(買いやすい価格)
5(私が使っている)


という風に、5ってちょうど真ん中くらい?(いや、ハブのベアリングの違いが大きいので、やっぱり下のクラスです)

けれど、レーシング3だと、重量もぐっと軽くなるし、もしかしたらいま使っているカーボンホイールと似たような走りになるのかも知れないなと、ずっと思い続けています。
(カーボンのディープホイールも、もっともっと高価なものだったら、さらに異なる走り方になるんだろうなぁとは思いますが、高くて買えません)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ところで、上のほうで磁石を買った写真があったでしょ?
実はホイール交換した際に、もちろん磁石も移動させないといけないのですが、草むらの中に「落っことしちゃった」んです。どう探しても出てこない。ショックだったけど、すっぱり諦めたのでした〜。
(磁石は2つ持っていたので、別のものを取り付けて、走行時の計測には問題なしです)
(つまり、予備品を買ってきたという話です)
posted by すた at 23:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2014年12月08日 23:40 〜〜〜〜〜〜
えぇと、通常、停止状態からの発進時には、どのギアでしょうか?
(もちろんRS80C24に付いていたスプロケでの話です)

使用しているギアが異なると、重さはもちろん違うわけで。

あとホイールの重量としてはRS80C24のほうが100gくらい軽いのですが、スプロケの差異により、もしかしたら総重量は「ほぼ一緒」かも知れません。

25Tと、27Tだと、かなりの重さの違いがありますよね?あとタイヤの重さもあるか。

総重量だと、どうなんでしょうかねぇ。


〜〜〜〜〜〜 Posted by atok103 at 2014年12月08日 23:19 〜〜〜〜〜〜
 ホイール交換ありがとう!
 しかし,気になる点が一点。実は,葛西臨海公園で,ホイールを元に戻して走り始めたときの私の感想。「軽っ!」。感じ方が逆だったわけですね。やっぱり,慣れているホイールの方が楽に感じるんでしょうか。
 その他の感想は,おおむね同じです。RS80C24は,30km/h台後半の維持には向いていないですね。常用していたRS81C35の方がその点は楽です。
 Racing5は,適度なはりもあり,かといって振動吸収性能も悪くなく,コスパが高いホイールだと思いました。

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック