2013年06月25日

ボクシング・デイ

先日読んだ還りの会で言ってやるは、いじめに向き合う話でしたが、このボクシング・デイには、いじめがあってもおかしくない状況にも関わらず、そういったことは一つもない、気持ちがほっこりする話です。



数時間で読み終えてしまうこともできるような200ページという、とても短い本にも関わらず、4日かけて読みました。
早く続きを読んでみたいというよりは、一つ一つのシーンを、じっくり時間を掛けて自分の中で思い起こすのが心地よいんです。

ゆったりとした時が流れます。

posted by すた at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック