2013年05月01日

数字の見せ方

DeNAのブランコ選手が月間ホームラン14本と、球団新記録を達成というNEWSがTVで流れていました。

その直後、歴代ホームラン王と月間ホームラン数を対比した話が出てきたのですが、かなり中途半端な数字の見せ方でした。

月間ホームラン数がTOPでも、シーズン通してのホームラン王にはなれなかったとかいう話だったのですが、それが果たして本人の技量の問題だけなのかどうか不明なわけです。

だって野球には、敬遠というものがあるじゃないですか。ホームランを打つだけの技量があったとしても、敬遠では数は増えません。

ホームランの数とともに、敬遠された打席数を並べて表示してくれると、もう少し突っ込んだ分析もできるだろうに、あくまでも打った数だけ止まりでした。

ちょっとね、答えありきの数字の見せ方だったんじゃない?と思ってしまったのでした。

posted by すた at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック