2013年03月11日

ビブリア古書堂の事件手帖4



いままでずっと、栞子さんの怪我が、ストーリー展開上でどうして必要だったんだろうと疑問に思っていたのです。別に元気なままでも構わなかったのではないかと。

まぁ状況が状況だけに、怪我をしないという流れは、都合よくという側面も無きにしも非ずですよね。でも、そんな状況を設定しちゃったのは、どうしてなんだろう?と不思議でした。

第4巻を読んで、ようやく理解する事ができました。いまごろ分かるのは私くらい?きっと他の方は、とっくに分かっていたんだろうなぁ。
こういう鈍いところだけは、ちょっとだけ栞子さんと似ているのかも(^^ゞ

posted by すた at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック