2012年10月24日

冬の荒川通行止め

ついに荒川の工事が始まってきましたね。

下流から上流に向かって、迂回ルートを実際に調査してみました。

まずは堀切橋の少し上流。下記の部分が通行止めとなります。まぁ堀切橋でも、もっと下流の端でも、どこでも良いから左岸に渡ってしまうのが良いですね。そして西新井橋とか扇大橋などで右岸に戻れば大丈夫なので、これは簡単に迂回することができます。





  −−−−−−−−−−

次は岩淵水門付近ですが、これは河川敷部分での工事なので、土手の上については今まで通り走る事が可能です。特に問題ないので、地図は掲載しません。

★問題ありありでした!土手の上の、普通の道を通る事ができず、仮設の道が作られているのですが、大変困ったことに【ダート】なんです。ものすごく走りにくい。しかも岩淵水門の上に工事車両が来ている日には、交互通行になってしまいます。係員の指示に従って一時停止するのは構わないのですが、かなり狭いし、歩行者・自転車で混雑します。



そんなわけで、岩淵水門は通らずに、左岸(レストランさくら側)を通るほうが楽です。とはいうものの実は左岸も工事中なんです。こちらは土手のすぐ横の一般道を通りましょう。
こちらの迂回ルートを参考にしてみてください。

  −−−−−−−−−−

やっかいなのが、その先ですね。

岩淵水門を通り過ぎてしばらくすると、新幹線/東北線の線路の下をくぐります。もう少し進むと、ここで土手の上にあがれとの指示が出てきます。



ここはそのまま土手の上にあがります。そして、テトラポットの大群を眺めつつ、土手の上を進んでいきます。

しばらくすると、ここで一般道に降りろとの指示がありますので、素直におりましょう。

問題はここからです。一応、最短ということを意識してか、土手沿いの道を進むように指示がありますが、実はこの道、自転車で走るのにはあまり向いていません。
絶対的な交通量は少ないのですが、たまにやって来る車がみんな、けっこうな速度で走ってくるのです。どうにも危なくて仕方がありません。

指示されているルートはこんな感じです。



道幅も狭く走りにくいと思います。
そこで
少しだけ遠回りですが、こっちのルートのほうが断然走りやすいと思います。



後半、浮間公園の中を通っているのは、単に私の好みです。あそこの電動風車が好きでして(^^;

別に公園の中を通らないで、1つ先の信号で右折しても大丈夫です。

指定されているルートが2.6Kmで、私のお勧めが3.4Kmです。この距離の差は、自転車だったら何の問題もありませんよね?それに、浮間舟渡駅前にはコンビニもありますし、公園にはトイレもあります。ちょっとした休憩に、うってつけなのではないかと思います。

今日はそのまま、朝霞水門まで行ってきました。北風が強くて大変だったけど、帰りはそれはもう天国でした♪



走行距離   70Km弱
走行時間   2時間30分くらい
平均心拍数  118bpm
最高心拍数  153bpm
消費カロリー 1131Kcal

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 にほんブログ村
 

 
posted by すた at 19:43 | Comment(2) | TrackBack(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2012年11月05日 22:53 〜〜〜〜〜〜
raywanさん、はじめまして。

岩淵水門なんですが、ダメですね。確かに土手の上を走る事はできるのですが、仮設の道がボロボロです。

左岸も、レストランさくらの上流で工事が始まったので、河川敷を走る事ができません。でもこちらはすぐ横に一般道があり、すんなりと新荒川大橋まで行くことが出来るので、岩淵水門は避けたほうが無難です。


〜〜〜〜〜〜 Posted by raywan at 2012年11月01日 22:40 〜〜〜〜〜〜
通行止め情報、迂回ルート、参考になりました。
ありがとうございました。


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2012冬の荒川迂回マップ
Excerpt: この冬は、荒川右岸は「戸田橋の下流」と「岩淵水門の少し下流」と「堀切の少し上流」の三か所で工事をしていて、通行止めになっていますよね。 葛西臨海公園から笹目橋までのルートをまとめてみました。かなり正..
Weblog: 撮るよ
Tracked: 2012-11-21 16:53