この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2012年03月25日 20:59 〜〜〜〜〜〜
こういう試行を行なったのは、当然ですが歩行者からの要望があったためだと思われます。

だから自転車に乗る人は、これではダメだと思ったら意見を伝えないと「これでいいのか」と思われてしまうかも知れませんよね。

仮にこれじゃダメかも?と考えていたとしても、その根拠がないと動けないのも、これまた役所の体質かと思います。
ダメだという意見が多ければ多いほど、やり直そうという動きになるような気がしています。


〜〜〜〜〜〜 Posted by tack at 2012年03月25日 15:31 〜〜〜〜〜〜
通行区分を表記するという試行はいいとして、確かに幅2mでの対向は、ぞっとしますね。

加えて遅い自転車を抜くこともあるし、まっすぐ走らない自転車も多かったり。

手賀沼のサイクリングロードの自転車通行帯は幅3mぐらいですかね?せめて、あれくらいないと。

ということで荒川下流河川事務所にメール出しておきました。

〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2012年03月24日 20:24 〜〜〜〜〜〜
今回の物は、あくまでも試行という位置づけだし
効果うんぬんという以前に、これでどうか?みなさんのご意見をという段階に過ぎないようです。

しかし幅2mで対向は危険ですよね。


〜〜〜〜〜〜 Posted by moumou at 2012年03月24日 16:24 〜〜〜〜〜〜
水色の線の左側が自転車専用ですか?
効果のほどはどうなんでしょうね?

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック