2011年09月08日

2012年モデル

2012年モデルの自転車が続々と登場していますがGIANTのTCRコンポジット3の価格には驚きました。

フレームがフルカーボン。ティアグラ 10 speedを主体にしたコンポーネント構成で14万9100円って、安い!

去年までだったら、この価格でフルカーボンなんて絶対に買えませんでしたから。15万円でお釣りが貰えるフルカーボン・ロードバイク。すごい。


参考までに、シマノ社のコンポーネントを高い方から順番に並べると、デュラエース、アルテグラ、105、ティアグラ、ソラとなります。ソラは9 speedなので悲しいけど、ティアグラ 10 speedなら、上位機種と同じだから嬉しいですよね。

この値段だったら、初めてのロードバイクという人にも、うってつけかもね。

posted by すた at 17:49 | Comment(8) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2011年09月09日 21:32 〜〜〜〜〜〜
ちか太郎さん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね!
後ろの一番軽いギヤが30Tというのは、もうどんな坂道だって、速度を気にしなければ、何の苦労もなく(疲れずに)登れそうですよね。

アルテグラは28Tまでしか売っていないので、ツライとき、結構あります。(坂登りが下手なスタ)


〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2011年09月09日 21:30 〜〜〜〜〜〜
さふらこさん、こんばんは。

自転車の素材としては
 クロームモリブデン鋼(クロモリ)
 アルミニウム
 カーボン
 チタン
とありますが、全く同じつくり方をすれば、素材の違いによる影響が大きく異なります。

分かりやすく言ってしまえば、アルミは素早い反応に対応するが、振動吸収性に劣るので、長く乗ると疲れる。手が痺れる。

カーボンは振動吸収性に優れているので、アルミとは逆の特性になる。疲れにくいし手も痺れないけど、スタートダッシュみたいな反応は苦手。

〜〜〜〜

でもですね!
素材だけでは語れないんです。
アルミにしてもカーボンにしても、どんな特性を出すか、色々と作りようがあります。

カーボンだけど反応が良いとか、アルミなのに疲れにくいとか、そこが各メーカーの工夫です。

本気で買おうと思ったら、カタログ(有料ですのでご注意ください)を見たり、ホームページを見たりと、それもまた楽しい時間となりますよ〜。


〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2011年09月09日 21:22 〜〜〜〜〜〜
カレーパンマンさん、
いつもコメントありがとうございます。

何を目指すか(たとえばレースに出場するかとか、ヒルクライムでの時間短縮に燃えるとか)によって、当然選ぶべき自転車の特性が変わりますが、平地を主に走るのであれば、これで十分すぎるほどの仕様なんですよね。

どこまで速度を出すかという問題はありますが、健康目的・ダイエット目的の運動なら、何の問題も無いんじゃなかろうかと思えます。



〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2011年09月09日 21:19 〜〜〜〜〜〜
yutabowさん、コメントありがとうございます。

SRAMで組んである場合、いつかはREDという夢もあります。デュラエースよりは圧倒的に安いのが魅力です。

それともう1つ。同価格帯だとシマノよりもSRAMのほうが軽いんですよね。

ダブルタップは使い易いと聞いています。

こうしてみんな悩むんですよね〜。


〜〜〜〜〜〜 Posted by ちか太郎 at 2011年09月09日 10:32 〜〜〜〜〜〜
前にも書き込みしましたが〜
ティアグラのリアスプロケは30tまであるのから
坂に強い初心者モデルとして素敵です!

〜〜〜〜〜〜 Posted by さふらこ at 2011年09月09日 09:37 〜〜〜〜〜〜
ロード欲しい病感染中・・・ ↑

フルカーボンというのは
やっぱりアルミより、いいんですかねー。 

 って、聞くようなことじゃないですが
 私なんぞだと、ネコになんとか、豚になんとか・・・
 みたいな感じになるのかな〜。 (笑)

〜〜〜〜〜〜 Posted by カレーパンマン at 2011年09月09日 08:58 〜〜〜〜〜〜
ちょっとこの価格は衝撃でした!
ロード欲しい病継続中・・・

〜〜〜〜〜〜 Posted by yutabow at 2011年09月08日 22:54 〜〜〜〜〜〜
こんばんは。Giantの展示会情報を、色々複雑な思いで見ています。圧倒的なラインアップですね。まるで数社の合同展示会のようです。TCRコンポジのT600カーボンフレームっていったいいくらなんでしょう。14万台なんてフレームセットですよと言われても驚かないです。ちょっと複雑なのが私が密かに本命視していたTCR SL2。2012年モデルではSL3なんですが、コンポが105からAPEXになり、ホイールがA-Classの軽量ホイールからGiantオリジナルのP-R2になってしまいました。フレームが一新されポテンシャルが上がっているかもしれませんが、パーツのお買い得度はかなり下がってしまいました。来年度のモデルチェンジは結構このパターンが多いです。ホントの話、これを知った時には現行のTCR SL2 を押えようか相当悩みました。
そうそう。我がEscapeRX3は6千円の値下げと引き換えに、リアディレイラーがAceraになってしまいました。私のはDeoreです。多分これで充分なんだろうけど、これに関しては、買っといて良かったと思ったりしました。

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック