2011年08月31日

波の数だけ抱きしめて

20年ぶりくらいになるのかな。スカパー日本映画専門チャンネルで映画【波の数だけ抱きしめて】を放送していたので、観ました。

バブルだね。
そしてまた、ノーヘルの原付やら、シートベルトをしていないやら、ドアミラーやら、カセットデッキやオープンリールデッキにレコードとミキサー、土砂降りの雨だとか、男性も女性もガンガン日焼けしているだとか、ストレートロングヘアーなど、いま改めて観るとなかなか面白いシーン満載!

公開当時、映画館で観たときは、なんじゃこりゃだったのです。ストーリー展開にしても、もうちょっと何とかならんのか!と感じていたのですが、いまではなぜか正反対の印象。

良くも悪くもバブルの時代だよね〜。色々な意味で懐かしいし興味深いねー。


冒頭の結婚式のシーンに出てくる新郎役の岩沢二弓さんですが、どこからどう見てもmasakingさんに見えてしまうのは私だけだろうか。

【バブルへGO】も見たんだけど、確かにあれは分かりやすいバブルの時代を表現していたと思う。ただ個人の趣味が高じてみたいな機材集めというマニアックな世界としては、こっちの映画かなと感じたものです。いずれにしても、どちらも面白い映画でしたけど。

posted by すた at 21:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2011年09月02日 22:57 〜〜〜〜〜〜
六浦っ子さん、こんばんは。

いやこの映画、TEACのカセットデッキだとか黄色のVWやら、TASCAMのミキサーやら、SHUREのレコードプレイヤー・カートリッジなど、見れば見るほど奥が深いのかもと感じました。

確かに当時高価でしたが、絶対に買えないかというとそうでもなく、ちょっと頑張れば手が届いてしまいそうな価格帯。そんなのが1つだけではなく複数同時に並んでいる時点で、もうすっかり虜です。

あと会話の中に「珊瑚礁のカレー」とか出てきたのもビックリです。


〜〜〜〜〜〜 Posted by 六浦っ子 at 2011年09月01日 22:32 〜〜〜〜〜〜
六浦っ子です!!
「波数」はあたしも大好きな映画ですよ!!
「私をスキーに・・・」や「彼女が水着に・・・」に比べたら
バブル度が低いと思いませんか???
みぽりんもかわいいけど、あたしも松下由樹さんに1票です。

〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2011年09月01日 12:10 〜〜〜〜〜〜
松下由樹さん、良かったですよねー。

あの元気いっぱいさは、いつ頃から消えてしまったのやら。出演するドラマとかの役で、段々と変わったのかなぁ。


〜〜〜〜〜〜 Posted by カレーパンマン at 2011年09月01日 07:54 〜〜〜〜〜〜
懐かしい映画ですね〜!
松下由樹さんが大好きでした

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック