2011年07月01日

LANケーブルの寿命

LANの動きがおかしくて、あれこれ原因を探していたのですが、最終的にはSWハブとSWハブとを結ぶLANケーブルが経年劣化していたらしく、これを交換したらすこぶる快適になりました。

何年前から使い続けていたのかすら定かではないLANケーブルなのですが、原因を特定するまでかなり時間が掛かってしまいました。

posted by すた at 12:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2017年02月27日 04:56 〜〜〜〜〜〜
ちゃっきさん、コメントありがとうございます。

LANケーブルは確かに安いですよねー。押し入れに新品の予備が、たっくさん転がっています(笑)

スイッチングハブ同士を接続していたものは、はっきりとは覚えていませんが、たぶん購入したものではなくて、何かに付属していたもののような気がします。

自分で購入するとしたら、2m、3m、5m、15m、20mですが、ハブとハブの間のは30cm程度の短いやつだったかも。


〜〜〜〜〜〜 Posted by ちゃっき at 2017年02月27日 04:32 〜〜〜〜〜〜
LANケーブルとモデムは、調子が悪くなくても5年に1回はかえましょう。LANケーブルは安いものだし、モデムはレンタルだから電話して調子が悪そうだといってかえてもらいましょう。

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック