2011年04月02日

重い

昨日、ロードバイクに乗るようになってから覚えたペダリングをクロスバイクで試してみたいというようなことを書きました。今日30分ほど乗る時間が取れたので、早速試してみました。

結論から言うと、ムリ。
まったく別物。


私の場合にはロードが来てからはずっとロードばかりでした。3月30日にものすごく久しぶりにクロスに乗りましたが、あの時はちゃんと乗るというのとは程遠い乗り方でした。いうなればママチャリの代わりとして乗っただけであり、運動としての乗り方ではありませんでした。(なにしろビンディングシューズでなく、普通のスニーカーでしたし)


さて、ちゃんと乗ってみようとしたところ・・・

ロードと同じようなペダリングは出来ませんでした。脚の後ろよりも、前の筋肉を使うことのほうが圧倒的に多く、疲れ方に大きな違いがあったのです。

約1,000Kmロードに乗り、フォームもそれなりに出来上がってきました。
クロスで同じようなフォームを取ろうとすると、ポジションが違うので無理なんです。


ポジションが違うという意味では、面白い事に気づきました。

クロスだけに乗っていた頃は、サドルとハンドルの距離が遠いように感じていたのです。でも、今にして思えばそれはフォームが悪かったからに過ぎなかったわけで、今日はやたらと近く感じました。仕方がないのでサドルの一番後ろに座りましたが、それでもまだハンドルが近い。最後にはサドルの後ろに落ちてしまうくらいにまで後ろに座っていました。そして、この位置のほうがペダルをきれいに回せることも分かりました。ここならば脚の後ろの筋肉を中心に使うことが可能です。


まだまだ慣れていないロードもまた、買ったばかりの頃はハンドルが遠いように感じていたのですが、最近ようやく遠くないと思えるようになりました。

でも今日のことがあったので、改めてフォームを見直してみたいなと思っています。そうすれば、ロードにおいてもハンドルがもっと近くに感じられるようになるかも知れません。


クロスバイクSirrusに関しては、とりあえずサドルを後ろに下げることにしました。調整幅がそれほど大きいわけではなく1p少々の移動ではありますが、乗った時の感覚としては大きく変わるだろうと予想しています。少なくともペダリングは楽になるはずです。


しかしですね。物事にはやはり限界というものがあるわけです。
クロスとロードとではジオメトリが大きく異なっています。サドルを後ろに下げただけで同一のポジションになるわけがありません。多少なりとも近づけるにはステムの変更が必要だと感じました。


本日のまとめ。
クロスは自転車が重くて、進まない。
頑張れば進むけど、とんでもなく疲れる。

posted by すた at 20:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2011年05月01日 05:30 〜〜〜〜〜〜
さふらこさん、コメントありがとうございます。

なんだかんだでSirrusは1万Km以上のったのですが、それがあったからこそ、ロードの良さもクロスの良さも分かったような気がします。

クロスで「ロードと同じように」走ろうとすると無理が生じますが、「クロスらしい」走り方をすると、これがまた、とっても楽しいです。

いまになってようやく、それが少しずつ分かってきたのかなと感じています。

本文の最後の「頑張れば進むけど、とんでもなく疲れる」というのは、無風状態で15Kmの距離を30Km/Hで走り続けるという話です。高負荷のトレーニング状態。

もうちょっと速度を落として24〜27Km/Hで走るなら、現在の私の体力・筋力・脚力ならば、楽に進みますしとても楽しい乗り方となります。


実を言えばロードに関しても同じ話でして、ただ単に速度域が変化するだけです。
40Km/Hで走り続けるのは大変ですが、30〜35Km/Hは楽しいし、それほど大きな負荷にはなりません。

※ あくまでも無風・平地の条件です


それとはまったく別に、遊歩道などで15Km/Hというのも、実は大好きだったりします。ママチャリに抜かれることも少なくありませんが、気にしません。

結局、クロスはクロスで面白い!です。


〜〜〜〜〜〜 Posted by さふらこ at 2011年04月30日 21:41 〜〜〜〜〜〜
スターチャンネルさん、こんばんは。

ロードに慣れると、やっぱりクロスは重いんですね。
ママチャリからクロスに乗ったら、とっても軽くて嬉しかったのですが
ちょっとロードに憧れます。。。

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック