2011年03月04日

せきれい荘のタマル



階段途中のビッグ・ノイズ」を読んで以来、越谷オサムさんがずっと気になっていたのですが、書店で新作を見つけて、すぐ買ってきました。

いやぁ〜、なんというか。こういう人ってもしかしたら、以前の私は苦手だったかなぁ? いや、そうでもなかったかなぁ? う〜ん。思い出せません。

けれど、いまははっきり分かります。
こういう人は好きです。

自分勝手で、他人の都合を考えず、周囲の目を気にせず、それでもしかし「人の気持ちがわかる」人。

posted by すた at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

陽だまりの彼女
Excerpt: ああ! 読み進めていくうちに、こうじゃなかろうか?それとも、こうなのか?と色々想像していたのに、まったく予想していなかった展開と結末にビックリ。ウルウルものです。 最後の10ページなんて、落ち着か..
Weblog: 撮るよ
Tracked: 2011-12-03 11:09