2009年04月05日

送電線の端

普通の街中にある電信柱なのですが、電線がここで終わりになっています。

考えてみれば発電所から延々と延びてきた送電線ですが、発電所に戻る電線があるわけではありませんよね。なるほど確かに、どこかに終端があっても当たり前なのでしょうけれど、果たしてこれで電気は流れるのかと、素朴な疑問が生じてしまいました。





posted by すた at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラと写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック