2007年09月26日

調査票

数ヶ月前に、とある調査票が届きました。発送元は私が通っていた学校の卒業生で構成されているもので不審なものではないし、定期的に発刊される冊子を正しく発送するために必要だというのも理解できるところです。

ただ1つ気がかりだったのは「特別に変更項目がなければ返送しなくても良し」としている部分でした。人によっては「些細な変更は、特別な変更ではない」と解釈してしまうかも知れないし、そもそも正確な情報を一元管理したいがための調査票なんだろうから「再確認の意味も含めて全員返送して欲しい」としたほうが良かっただろうに、中途半端な形だったのが結果として「かなり低い回収率」を招いてしまったようです。

自分が所属・関係している団体からのアンケート調査というのは、人間長く生きていればまぁそれなりにありますし、私自身がアンケートを作成する立場になることもあったりします。そうした経験から思うのは、往々にして建前的なアンケート・最初から答えが決まっているようなアンケート(誘導的な質問項目しかないタイプ)は、やっぱり回収率は低いみたいですね。私はそういうのは苦手だから、自分がアンケートを作成する立場になったときには、気軽かつ本音で答えられる設問になるようにと努力しています。
posted by すた at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック