2004年12月12日

ストロボ

ストロボ、スピードライト、フラッシュ、様々な呼び方がありますが、私は面倒なのでストロボで統一しちゃっています。よよぎさんがストロボをご購入だそうですが、私もストロボを使って良く撮影しています。日中に使用する機会もかなり多いのですが、昼夜を問わずほとんどの場合、後幕シンクロにしています(日中のハイスピードシンクロを除く)


posted by すた at 21:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | カメラと写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2004年12月13日 21:45 〜〜〜〜〜〜
夜間のスローシンクロで、なおかつ動きのある被写体の場合に、最大の効果を発揮しますよね。ただ私は、三脚を立てての集合写真でも活用しています。まぁ日中ならまだしも夕方とかの場合(スローシンクロになるか、ならないかギリギリも含めて)には先幕シンクロにしちゃうと、光り終わった瞬間に人が動いちゃうけど、後幕シンクロなら光るまで待っててねと伝えておけば失敗が少ないのを便利に感じています。
日中シンクロ(ハイスピードシンクロ)やバウンスの使い方も含めて、36駒×30〜40本くらいは、無機質な平板なストロボ写真が多かったのですが、60本を越えた辺りから、あれこれ工夫が出来るようになってきました。でも、まだまだです。

〜〜〜〜〜〜 Posted by よよぎ at 2004年12月12日 21:24 〜〜〜〜〜〜
最初に後幕シンクロの撮影例を見た時に、「こういう物があるのか」と、とても感動した記憶が有ります。当時は高級機のみ搭載されていた機能が、普及機種でも当然の様に搭載されているのが技術の進歩を感じます。後はそれを使いこなせるかは、カメラマンの腕次第ですけど。私はまだまだ勉強中なので、精進したいと思います。

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。