2004年11月16日

レンズフードについて

どこかに旅行に出掛けた時とか、運動会など、あちこちで一眼レフカメラを構えている人を見るのですが、なぜかレンズフードを使っている人の割合が低いですね。
考えられる理由は幾つかあるのですが(1)カメラ本体とレンズがセットになっている商品を購入した際に、フードが別売りだったため、その必要性を気付かぬままに時が過ぎてしまった(2)単品のレンズを追加購入すれども、これまたレンズフードが別売りだったために、必要性に気付かぬまま過ごしている(3)フードの必要性は知っているものの、なくても良いんじゃないかなぁと思い込んで購入していない(4)実はレンズフードがきちんと付属していたにもかかわらず、その必要性を把握しないで使っていなかった。このどれかなんでしょうねぇ、きっと。

私はどのレンズを使うときにもフードを付けて撮影するようにしています。確かに効果の薄いフードもあるのですが、基本的に順光ではなく逆光や斜光で撮影する事が多いので、無いよりはずっとマシですから。

posted by すた at 12:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | カメラと写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〜〜〜〜〜〜 Posted by スターチャンネル at 2004年11月17日 21:29 〜〜〜〜〜〜
(水中用)ハウジングに入れる場合には、これはもう確実にフード不要ですね。正しい購入方法・使用方法だと思います。

念のためですが・・・α−7000はカメラ本体の型番ですから、レンズはまた別に表記があるはずです。フードはあくまでもレンズに対する標準装備または別売りオプションです(つまり、レンズごとにフードの形状や大きさが異なります)カメラ本体に対して「ただ1つ」のフードだけ所有していれば良いわけでは無いんです。


〜〜〜〜〜〜 Posted by shadowlight at 2004年11月16日 21:18 〜〜〜〜〜〜
以前父に借りてたミノルタα-7000(でしたっけ?)には、ちゃんとついてましたね、そういえば。

しかし、私のカメラにはレンズフードありません。
陸上で使うことを想定せずに買ったので、「今さら、いいか・・・。」ってところでございます^^;

てなわけで、私の場合は(1)(2)(3)の全てが当てはまりそうです(笑)

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック