2019年04月01日

心拍センサーの電池交換

私が使用しているサイコンは、速度・ケイデンス・心拍数という3種類の数値が表示されます。
それに相当するセンサーも、もちろん3種類あります。

(補足)
ほぼすべてのサイコンはホイールの回転数を数えているので、それにホイールの周長を掛けて速度を計算していますし、同時に距離も分かります。



使用中のサイコン本体の電池はCR2450で売っているお店が限られるのですが、センサー類はすべてCR2032となっていて、こちらはどこでも売っています。

さて心拍センサーの電池がもうすぐ無くなりそう(サイコン本体に表示されます)なので、早く交換しないといけないなって思っていました。


いきなり行き詰まりました(^^;
ベルトの部分と、センサー本体が、くっついているのです。
これ、どうやって取るんだっけ?

引っ張る?回す?横にスライドさせる?
あれこれ悩んで、ネットで調べてみました。引っ張るだけで良かったのね。

この写真の下にあるのがベルト部分。真ん中が緑色になっているのは、もちろん心拍センサーの本体です。もう蓋も開けちゃって、古い電池も取り出しちゃいました。

重要なのは、ベルトと本体が、パチンとはめ込むボタンみたいな仕組みになっている部分ね。
なんだか次回も忘れていそうな気がします。



電池を入れて



蓋を閉めます。これだと斜めになっているんですが、蓋はくるっと回して固定するようになっています。



あとはベルトにパチンとはめ込みます。
ちゃんと作動するかチェックしておきましょう。
おお!サイコン本体に、きちんと心拍数が表示されました。

完成、完成。


※来月からは、令和1年になるんですね。

 ↓ ポチっと応援していただけると嬉しいです
 にほんブログ村
 

 


posted by すた at 13:35 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。